バレル研磨について

バレル研磨とは

 バレル研磨は、バレル(樽)の中に研磨材、コンパウンドを入れ、バレルを回転・上下運動させることで製品の研磨を行います。 水を加える場合は湿式バレルです。
 研磨材粒子は小さいため段付き面など機械で研磨しにくい場所でもアプローチ可能です。一回の処理で多量の商品を安定した加工ができるのも特徴です。
 現在主に切削・プレス加工品のバリ取りや、鋳物の表面仕上げ、熱処理後のスケール除去などの加工に用いられています。

設備に関して

弊社設備外観

弊社はモノづくりの町東大阪市で長年培ってきたノウハウとそれに準ずる設備があります。

設備一覧ページ

  • 回転バレル
  • 振動バレル
  • 遠心バレル機
  • 可傾式バレル研磨機
  • 流動式バレル研磨機
  • ウェットブラスト
  • 関連機器
  • 検査機器

加工事例

バレル研磨が実際モノづくりのどんなシーンで役立つのか、また弊社のバレルは同業他社とくらべてどこが違うのかを掲載しています。

加工実績

  • 製品の価値をあげるバレル
  • 打痕NG部品へのバレル
  • 精度が要求される電子部品へのバレル
  • メッキ不良が懸念される部品へのバレル

加工実績材料

  • ステンレス
  • 真鍮
  • アルミ
  • 亜鉛
  • チタン
  • タングステン
  • プラスチック
  • アクリル

よくある質問

弊社設備外観

よくある質問をまとめて掲載しています。是非一度ご覧ください。